コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宋元鏡(読み)そうげんきょう(英語表記)Song-yuan-jing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宋元鏡
そうげんきょう
Song-yuan-jing

中国,・元代に鋳造された銅鏡総称・唐代以前のに比べて一般に鉛が多く含まれ,装飾は絵画的なものが多い。また貨幣をかたどったものや,漢魏鏡を模造したものなどもみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

宋元鏡【そうげんきょう】

中国の宋・元時代に造られた銅鏡。銅不足のため薄手で,隋・唐以前の鏡に比べ著しくスズの含有量が少なく,鉛が多い。宋代では,唐鏡の流れをくんだ細かい唐草(からくさ)文などのある円鏡,四花,八花,八稜鏡や,おもに浙江地方で作られた無文で鏡背に銘のあるものなどがある。元代では,浮彫のある双竜鏡のほか見るべきものはない。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android