薄手(読み)ウスデ

デジタル大辞泉の解説

うす‐で【薄手】

[名・形動]
紙・織物・陶器などの厚さが薄いこと。また、そのさま。「薄手の茶碗」「薄手な生地」⇔厚手
内容などが浅くて安っぽいこと。また、そのさま。「薄手な評論」
戦いなどで受けた、軽い傷。浅手。
「同じ所にいながら、―一つ負わなかった」〈芥川偸盗

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うすで【薄手】

名 ・形動 [文] ナリ 
紙・布・陶器などの厚みが少ない・こと(さま)。 ⇔ 厚手 -の茶碗
貧弱で安っぽいさま。 -な知識
浅い傷。 ⇔ 深手 小次郎が-負たるをだに/平家 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うす‐で【薄手】

〘名〙
① 浅い傷。軽い傷。浅手(あさで)。⇔深手
※平家(13C前)九「小次郎がうす手負たるをだに、直実は心ぐるしうこそおもふに」
② (形動) 物の厚みが比較的少ないこと。また、そのさま。⇔厚手
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉六五「其薄手(ウステ)の猪口より脆く」
③ (形動) がんじょうさがなく、弱々しいさま。
※洒落本・妓情返夢解(1802)一「うすでな生れのてめへゆへ」
④ (形動) 物事の内容が貧弱で安っぽいさま。
※門(1910)〈夏目漱石〉一九「宗助は〈略〉自分丈の解答は準備してゐた。けれども、それは甚だ覚束ない薄手(ウスデ)のものに過ぎなかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薄手の関連情報