薄手(読み)ウスデ

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
紙・織物・陶器などの厚さが薄いこと。また、そのさま。「薄手の茶碗」「薄手な生地」⇔厚手
内容などが浅くて安っぽいこと。また、そのさま。「薄手な評論」
戦いなどで受けた、軽い傷。浅手。
「同じ所にいながら、―一つ負わなかった」〈芥川偸盗

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 浅い傷。軽い傷。浅手(あさで)。⇔深手
※平家(13C前)九「小次郎がうす手負たるをだに、直実は心ぐるしうこそおもふに」
② (形動) 物の厚みが比較的少ないこと。また、そのさま。⇔厚手
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉六五「其薄手(ウステ)の猪口より脆く」
③ (形動) がんじょうさがなく、弱々しいさま。
※洒落本・妓情返夢解(1802)一「うすでな生れのてめへゆへ」
④ (形動) 物事の内容が貧弱で安っぽいさま。
※門(1910)〈夏目漱石〉一九「宗助は〈略〉自分丈の解答は準備してゐた。けれども、それは甚だ覚束ない薄手(ウスデ)のものに過ぎなかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薄手の関連情報