コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薄手 ウスデ

デジタル大辞泉の解説

うす‐で【薄手】

[名・形動]
紙・織物・陶器などの厚さが薄いこと。また、そのさま。「薄手の茶碗」「薄手な生地」⇔厚手
内容などが浅くて安っぽいこと。また、そのさま。「薄手な評論」
戦いなどで受けた、軽い傷。浅手。
「同じ所にいながら、―一つ負わなかった」〈芥川偸盗

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うすで【薄手】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
紙・布・陶器などの厚みが少ない・こと(さま)。 ↔ 厚手 「 -の茶碗」
貧弱で安っぽいさま。 「 -な知識」
浅い傷。 ↔ 深手 「小次郎が-負たるをだに/平家 9

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

薄手の関連キーワードmulching sheet青貝塗り・青貝塗シースルールックスプリングコート紅梅織り・紅梅織カクテルグラスオーガンディーサマーセーターサマースカートシュミゼットネッカチーフクレバネットサマーウール薄口・淡口厚手式土器深手・深傷服綸・幅綸ソノシートバチスト大洲半紙

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薄手の関連情報