コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐鏡 とうきょうTang-jing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐鏡
とうきょう
Tang-jing

中国,唐代に鋳造,使用された鏡。海獣葡萄文,鳳鸞 (ほうらん) 文,花卉文,騎馬狩猟文,伯牙弾琴 (はくがだんきん) 文などのはなやかな文様が施され,形には円形,方形,八稜形,八花形などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

唐鏡【とうきょう】

中国の隋唐時代のの総称。隋代には,漢魏時代の伝統(漢鏡を参照)をふまえた四獣鏡,四神鏡などのほかに,唐代に多い海獣葡萄(ぶどう)鏡がある。唐代の鏡は,円形,方形,八稜形,八花形で,団華文,葡萄文などのほか,霊獣,霊鳥,神仙,狩猟,奏楽,胡人,鳥獣を絵画的に表現した文様がある。
→関連項目宋元鏡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうきょう【唐鏡】

中国,唐代に製作された鏡。唐代は長安,洛陽を中心とする宮廷文化が育ち,鏡も前代と異なる趣味をもち珍重された。唐鏡は白銅質,厚手のものが多く,形も変化に富み,円形,方形,八花形,八稜形などがある。また鏡背の文様には,螺鈿(らでん),七宝(しつぽう),金銀平脱(へいだつ),貼銀鍍金(ちようぎんときん)などの各種の技法がみられる。六朝鏡から唐鏡への過渡期には隋鏡という鏡式がある。これには四神鏡などがあり,団華文鏡などすぐれた作品が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうきょう【唐鏡】

中国、唐代の鏡。円・方・八稜などの形がある。背面の文様は海獣葡萄文・鳥獣文・蓮華文など絵画的である。螺鈿らでん・七宝・金銀平脱などの装飾が施されている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の唐鏡の言及

【鏡】より

… 以上一連の鏡式に対して,六朝末からはかなり違ったものが現れる。宋代から,前者と区別されている唐鏡がそれである。これまでの鏡が帯圏の間を幾何学文や禽獣文で飾っているのと違って,鏡背いっぱいに大きな図様を配し,それが装飾的,かつ絵画的になっている。…

※「唐鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

唐鏡の関連キーワード住吉神社(長崎県)鏡(mirror)海獣葡萄鏡狩猟文鏡説話文学鏡作部舶載鏡蓮華文高麗鏡鍍金唐様宋鏡

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android