コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八稜鏡 ハチリョウキョウ

防府市歴史用語集の解説

八稜鏡

 一種です。形が花びら8枚の花をかたどったものですが、花びらの先がとがって、八角形のように見える鏡のことです。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

はちりょうきょう【八稜鏡】

鏡の一種。円鏡の周縁が八つに区切られ、各区の中央が突き出ており、菱花形をしている鏡。唐代よりみられ、宋代以降に使われた。この様式は朝鮮の高麗鏡、日本の瑞花双鳥式に伝えられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

八稜鏡の関連キーワード八幡平市西根歴史民俗資料館美作国分寺跡国見山廃寺跡水神社宋元鏡八花鏡瑞宝章高麗鏡八つ周縁様式朝鮮

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八稜鏡の関連情報