コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宋胡録焼 すんころくやき

1件 の用語解説(宋胡録焼の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すんころくやき【宋胡録焼】

日本におけるタイ陶磁の総称。主産地であるタイ中部のスワンカロークSwankhalok(またはサワンカロークSawankhalok)の名から転じたという。実際には窯はスワンカローク市の北方60kmのスリサッチャナライ市近郊にあり,いくつかの村にわたって145基の窯址が確認され,大規模な窯群が形成されていたことが知られる。その開窯は14世紀後半までさかのぼれる可能性がつよく,スコータイ王朝下にあってスコータイ窯とともに中国元代の陶業,陶磁の影響のもとに焼造活動をはじめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宋胡録焼の関連キーワード砧青磁社会構造タイルウラルアルタイ語族罪体国政選挙主産地磁気回路におけるキルヒホッフの法則ABETJHA

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone