コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

完全発達波

海の事典の解説

完全発達波

十分広い海域を、十分長い時間、一定の風速・風向を持った風が吹き続けたとき、そこに起こされる風浪をいう。十分発達した波ともいう。完全発達波のエネル ギースペクトルは、最初 Neumannによって1954に導かれたが、その後 PiersonとMoskowitz が求めたαg2σ-5exp{-β(σ0/σ)4}(ただし、α=8.10x10-3、β=0.74は定数、gは重力の加速度、σは角周波数、σ0=g/Uで、Uは 風速)の形のものが国際的に最も広く用いられている。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android