コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加速度 かそくどacceleration

翻訳|acceleration

7件 の用語解説(加速度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加速度
かそくど
acceleration

速度の時間変化率を表わすベクトル量。力を加えると,物体は加速度を得て,その速度 (速さと進行方向) が変る。図のように加速度 a は運動経路のカーブの内向きであって,その成分のなかで接線加速度 at は速さを変える役割,法線加速度 an は進行方向を変える役割をする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かそく‐ど【加速度】

一定時間内の速度の変化の割合。
物事の変化の速さがしだいに増していくこと。「科学の進歩に加速度がつく」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

加速度【かそくど】

速度の時間的変化の割合。ベクトルで表示される。速度vが時間tと共に変化するとき,dv/dt(微分)で与えられる。MKS単位ではメートル毎秒毎秒(m/sec2)。
→関連項目運動(物理)ガル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

加速度

 m/t2の次元で表される量で,速度が変化することであるが,通常正の方向の変化すなわち速度の大きくなる変化.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かそくど【加速度 acceleration】

速度の時間的変化の割合。速度というときにはその大きさ(速さ)と方向の両方を考えたベクトルを指すので,速さは変わらなくても方向が変われば速度は変わったといい,このときには加速度が存在する。ベクトルとしての速度を,長さが速さに比例し方向が速度の方向と一致する矢印で表し,矢尻を定点に固定して時々刻々の速度の矢印を描くと,速度の変化は矢印の先端の動きで表される。矢印の先端が時間の経過とともに描く曲線をホドグラフ(hodograph

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かそくど【加速度】

一定時間についての速度変化の割合。
次第に増していく速さ。 「 -がつく」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加速度
かそくど

速度の時間的変化の割合をいう。速度はベクトル量であるので、加速度もベクトル量である。位置ベクトルrが時間tの関数として与えられているときには、速度vは位置ベクトルを時間で微分して、また加速度aは速度を微分して求められる。すなわち
  vdr/dt, adv/dt
逆に、速度は加速度を、位置ベクトルは速度を積分して求められる。すなわち

ここでv0r0v(t')、a(t')は、それぞれ時刻がゼロのときの位置ベクトルと速度、時刻t'のときの速度と加速度を示す。
 加速度が物体に加えた外力によって生じることを述べたのが、ニュートンの運動の第二法則である。重力は地表の各点で高さによらないほぼ同じ大きさをもっているので、重力の作用を受けた物体は一定の加速度を受け等加速度運動を行う。CGS単位の加速度の単位(cm/sec2)をガル(Gal)とよぶことがある。ガリレイにちなんだ単位名である。[田中 一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の加速度の言及

【英才教育】より

…しかし,狭義には,前者を〈英才教育〉と呼ぶ場合が多い。また学校教育においては,知能指数(IQ)120~130以上の知的優秀児に対して,飛級などの累進進級法acceleration(rapid promotion)やカリキュラム拡充法enrichment of curriculum,能力別クラス編成などの方法を採用することにより,義務教育の段階から優秀児の知的能力を開発する試みが,ドイツ,フランス,アメリカなどで行われている。また,日本においては,太平洋戦争開始後,日本の戦力増強という国家目的のために,科学者を養成するための英才教育計画が試みられ,1944年広島高等師範付属中学,45年東京高等師範付属中学に〈特別科学教育学級〉が設置された。…

【運動】より

…さてギリシア的な強制運動の理論と,近代力学のそれとの根本的な差は,運動力が運動体に何を与えるか,という問題である。前者はそれを運動そのもの(つまり〈速さ〉)と考え,後者はそれを運動の変化(つまり〈加速度〉)と考えているからである。近代力学の成立はニュートンの運動法則の成立に重なるといってよいが,アリストテレスからニュートンまでの2000年の時間のなかで,古代世界,ビザンティン,イスラム,中世ヨーロッパを経て熟成した運動概念についてのさまざまな研究の歴史の延長上に,ニュートンの運動法則が存在する。…

【ガリレイ】より

…この中で彼は,あらゆる物体が同一種類の物質から成ることを前提にしたうえで,アルキメデスの静力学的な浮力の原理を拡大することによって,落体の速度が落体の比重から媒質の比重を差し引いたものに比例すると論じている。だが,その後まもなく彼は,斜面や振子の研究を深めることによって,《運動について》では副次的役割しか与えられなかった加速度こそが,落体の運動の本質的要因であることを見抜き,ついには真空中での落下距離が落下時間の2乗に比例し,しかもそのためには落下速度が落下時間に比例しなければならないという落体の基本法則を発見した。さらにこの研究の過程で運動の合成の法則と慣性の法則を導き出し,投射体の経路がパラボラ曲線になることを証明することができた。…

※「加速度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加速度の関連情報