コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宍戸司箭 ししど しせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宍戸司箭 ししど-しせん

?-? 戦国-織豊時代の剣術家。
安芸(あき)(広島県)甲立(こうたち)の五竜山城主宍戸元家の孫(子とも)という。天正(てんしょう)元年(1573)ごろ京都の鞍馬(くらま)山,愛宕(あたご)山で修業。司箭を称して,貫心流(司箭流)をひらいた。名は家俊。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宍戸司箭の関連キーワード織豊時代宍戸家俊安芸