コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞍馬 くらま

10件 の用語解説(鞍馬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鞍馬
くらま

京都市左京区の一地区。旧村名。 1949年京都市に編入。中心集落の鞍馬は鞍馬寺の門前町で,北方の鞍馬峠を越えて花背から若狭に向う街道の谷口集落でもある。西部の貴船地区には貴船神社があり,渓谷に沿って料亭が並んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あん‐ば【×鞍馬】

鞍(くら)を置いた馬。くらうま。
体操用具の一。馬の背のような形の台に、二つの取っ手をつけたもの。また、それを使う競技。

くらま【鞍馬】

京都市左京区の地名。鞍馬寺の門前町。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鞍馬【くらま】

京都市左京区,京都盆地の北に続く山地の鞍馬川流域一帯。鞍馬山(570m)山腹に鞍馬寺,由岐(ゆぎ)神社があり,門前町が発達,叡山電鉄鞍馬線が通じ,西の貴船(きぶね)神社周辺とともに京都郊外の観光地になっている。
→関連項目左京[区]定慶

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くらま【鞍馬】

京都市左京区,鞍馬山麓の鞍馬川沿いにひらけた集落。上賀茂から丹波へ通じる鞍馬街道が通る。平安時代には,鞍馬は鞍馬寺を指す場合が多いが,《枕草子》に〈鞍馬のつづらをりといふ道〉とあるのが,地名として見える鞍馬の早い例である。寛仁年間(1017‐21)には,鞍馬寺の敷地や周辺寺領が改めて朝廷より確認されている(《小右記》寛仁3年3月20日条)。またこの地は人里離れた土地であるため,鎌倉時代ころ以降,俊寛の妻子や後白河法皇,西行などの避難・隠棲の地とされた(《平家物語》ほか)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あんば【鞍馬】

くらをおいた馬。くらうま。
馬体をかたどった台に二個の取っ手をつけた体操器具。また、それを用いて行う男子の体操競技の種目の一。腕で体を支え、両脚の旋回・交差などを連続的に演じる。

くらま【鞍馬】

◇ 京都市左京区の地名。鞍馬寺の門前町。
◇ 「鞍馬山」の略。
「鞍馬寺」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕鞍馬(くらま)


京都府京都市左京区にある地域名。
京都府京都市北部、鞍馬川に沿う。鞍馬寺の門前町。京都と丹波(たんば)を結ぶ鞍馬街道の谷口集落として発達。

〔京都府〕鞍馬(くらま)


京都市左京(さきょう)区の北部、鞍馬山(標高約580m)南東麓(なんとうろく)を流れる鞍馬川に沿う地区。北山(きたやま)山地に囲まれた山村で、平安京の北方を鎮護した鞍馬寺の門前町として発展。北西約1kmの貴船(きぶね)川沿いに貴船神社があり、ともに京都市北郊の行楽地として知られる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鞍馬
くらま

京都市北東部、左京区の一地区。旧鞍馬村。北山山地に位置し、平地に乏しく、薪炭(しんたん)、木材を産す。鞍馬山(570メートル)の中腹にある鞍馬寺の門前町。老杉に覆われる鞍馬山は鞍馬天狗(てんぐ)や牛若丸修業の地の伝説でも知られる。出町柳から山麓(さんろく)の門前町まで叡山(えいざん)電鉄鞍馬線が通じ、山門から中腹の多宝塔まではケーブルカーがある。本堂から奥の院の魔王堂などを経て、貴船(きぶね)神社へ至る道はハイキングコースとなっている。6月20日の農作物の豊凶を占う竹伐(たけき)り会式(えしき)や山麓に近い由岐(ゆき)神社の10月22日の火祭の行事がある。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鞍馬の関連キーワード貴船山鞍馬寺鞍馬山貴船川鞍馬口京都府京都市左京区鞍馬貴船町京都府京都市左京区鞍馬二ノ瀬町京都府京都市左京区鞍馬本町京都府京都市左京区高野西開町京都府京都市左京区松ケ崎鞍馬田町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鞍馬の関連情報