コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗柳 そう りゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗柳 そうりゅう

?-? 織豊-江戸時代前期の連歌師。
等恵(とうえ)にまなび,古今伝授をうけ,堺(さかい)の連歌壇で活躍。作品は天正(てんしょう)4年(1576)の「紹巴宗柳等百韻」や慶長6年(1601)の「何船百韻」などにおさめられている。弟子に祐心。屋号は下田屋。別号に蘆竹斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宗柳の関連情報