コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定円 じょうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定円 じょうえん

?-? 鎌倉時代の仏師。
寛円の弟子。元久元年(1204)千体地蔵像をつくり,その功績により法橋(ほっきょう)となる。建暦(けんりゃく)3年京都法勝寺(ほっしょうじ)九重塔造仏で運慶らとともに賞をうけた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

定円の関連キーワード清澄寺(せいちょうじ 兵庫県)ターボ分子ポンプポアンカレの表示風圧型風速計サイクロイドアステロイドブレーキ装置トロコイド遊動円木節談説教玉巌悟心鎌倉時代遊具唱導

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android