コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定圧モル比熱 テイアツモルヒネツ

デジタル大辞泉の解説

ていあつ‐モルひねつ【定圧モル比熱】

圧力を一定に保ったまま、物質1モルの温度をセ氏1度上昇させるのに要する熱量。主に気体についていう。→定積モル比熱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の定圧モル比熱の言及

【気体】より

…ここで,比例定数Cvは,体積一定の下で1molの理想気体の温度を1Kだけ上昇させるのに必要な熱量を意味し,定積モル比熱と呼ばれる。一方,圧力一定下での同様な熱量は定圧モル比熱といい,通常Cpと書かれる。CpCvとの間には, CpCvRの関係が成り立つ。…

※「定圧モル比熱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

定圧モル比熱の関連キーワードマイヤーの関係式モル比熱

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android