コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定憲 じょうけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定憲 じょうけん

?-1264 鎌倉時代の僧。
真言宗。東大寺別当定豪(じょうごう)にまなび,灌頂(かんじょう)をうける。安貞3年鶴岡八幡宮の供僧となり,弘長(こうちょう)元年の仁王会(にんのうえ)にくわわった。越後僧都とよばれた。文永元年死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

定憲の関連キーワード文永グロスター(伯)北条長時バロン戦争ミカエル8世ウルバヌス4世日蓮宗クレメンス弘長惟康親王

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

定憲の関連情報