コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文永 ブンエイ

大辞林 第三版の解説

ぶんえい【文永】

年号(1264.2.28~1275.4.25)。弘長の後、建治の前。亀山・後宇多天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ぶんえい【文永】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1264年から1275年まで、亀山(かめやま)天皇、後宇多(ごうだ)天皇の代の元号。前元号は弘長(こうちょう)。次元号は建治(けんじ)。1264年(弘長4)2月28日改元。1264年は辛酉革命(しんゆうかくめい)の年にあたる1261年(弘長1)の4年後で、甲子(かっし)の年。甲子は徳を備えた人に天命が下される革令(かくれい)の年で変乱が多いとされることから、先例にならい甲子革令を防ぐ目的で改元が行われた(革年改元)。『後漢書(ごかんじょ)』を出典とする命名。文永年間の鎌倉幕府の将軍は宗尊(むねたか)親王(6代)、惟康(これやす)親王(7代)。執権は北条長時(ながとき)(6代)、北条政村(まさむら)(7代)、北条時宗(ときむね)(8代)。1266年(文永3)、25歳となった将軍の宗尊親王は謀叛の嫌疑をかけられ、北条氏当主の時宗らにより将軍職を解任され京に送還された。同年7月、宗尊親王の嫡男で3歳の惟康親王が新将軍に就任した。1268年(文永5)、高麗(こうらい)の使者がモンゴル帝国皇帝のフビライの国書をもって来日したが、幕府は返書を拒絶した。1274年(文永11)、モンゴルと高麗の連合軍が対馬、博多湾に来襲し、文永の役(元寇)が起こった。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文永の関連情報