コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文永 ブンエイ

大辞林 第三版の解説

ぶんえい【文永】

年号(1264.2.28~1275.4.25)。弘長の後、建治の前。亀山・後宇多天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ぶんえい【文永】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1264年から1275年まで、亀山(かめやま)天皇、後宇多(ごうだ)天皇の代の元号。前元号は弘長(こうちょう)。次元号は建治(けんじ)。1264年(弘長4)2月28日改元。1264年は辛酉革命(しんゆうかくめい)の年にあたる1261年(弘長1)の4年後で、甲子(かっし)の年。甲子は徳を備えた人に天命が下される革令(かくれい)の年で変乱が多いとされることから、先例にならい甲子革令を防ぐ目的で改元が行われた(革年改元)。『後漢書(ごかんじょ)』を出典とする命名。文永年間の鎌倉幕府の将軍は宗尊(むねたか)親王(6代)、惟康(これやす)親王(7代)。執権は北条長時(ながとき)(6代)、北条政村(まさむら)(7代)、北条時宗(ときむね)(8代)。1266年(文永3)、25歳となった将軍の宗尊親王は謀叛の嫌疑をかけられ、北条氏当主の時宗らにより将軍職を解任され京に送還された。同年7月、宗尊親王の嫡男で3歳の惟康親王が新将軍に就任した。1268年(文永5)、高麗(こうらい)の使者がモンゴル帝国皇帝のフビライの国書をもって来日したが、幕府は返書を拒絶した。1274年(文永11)、モンゴルと高麗の連合軍が対馬、博多湾に来襲し、文永の役(元寇)が起こった。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

文永の関連キーワード長崎県壱岐市勝本町新城東触長野県飯田市下久堅南原藤原成子(3)大炊御門冬忠深心院関白記モンゴル襲来二階堂行方元寇・元冦二階堂行実二階堂行章万葉集註釈和気師成昭慶門院北畠師重藤原実隆近衛基平禅林寺殿中院通重弘安の役蒙古襲来

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文永の関連情報