コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

供僧 グソウ

世界大百科事典内の供僧の言及

【社僧】より

神宮寺に住し仏事を修する僧侶。供僧(ぐそう),宮僧(くそう),神僧ともいう。奈良朝ころより神仏習合思想によって神社に仏寺を建て,これに別当,検校(けんぎよう),勾当(こうとう),専当,執行など多数の職階から成る僧侶を住せしめ,神官は別当を長とする僧侶の支配をうけた。…

※「供僧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

供僧の関連キーワード隅田八幡宮鶴岡八幡宮良祐(2)青岸渡寺長崎光綱泉 智等佐々目郷退耕行勇平野殿荘大山荘梵釈寺怡土荘垂水荘供奉僧別当寺神宮寺橘兼高信太荘隅田荘勝持寺

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android