定着物(読み)テイチャクブツ

デジタル大辞泉の解説

ていちゃく‐ぶつ【定着物】

法律で、現に土地に付着し、かつ継続的に付着した状態で使用することが社会通念上認められる物。建物樹木、土地に作りつけられた機械など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ていちゃくぶつ【定着物】

〘法〙 土地に付着し、継続的にその状態で使用されることが、社会通念上認められる物。建物・樹木や土地に作りつけられた機械などがこれにあたる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ていちゃく‐ぶつ【定着物】

〘名〙 法律で、継続的に土地と結合して利用され、しかもそれと分離して動かすことが社会通念上容易でない物をいう。建物や樹木、土地に作りつけた機械など。
※民法(明治二九年)(1896)八六条「土地及び其定着物は之を不動産とす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定着物の関連情報