定着物(読み)テイチャクブツ

デジタル大辞泉の解説

ていちゃく‐ぶつ【定着物】

法律で、現に土地に付着し、かつ継続的に付着した状態で使用することが社会通念上認められる物。建物樹木、土地に作りつけられた機械など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ていちゃくぶつ【定着物】

〘法〙 土地に付着し、継続的にその状態で使用されることが、社会通念上認められる物。建物・樹木や土地に作りつけられた機械などがこれにあたる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定着物の関連情報