コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定額法・定率法 ていがくほう・ていりつほう

2件 の用語解説(定額法・定率法の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

定額法・定率法

長期にわたって使用される資産を減価償却するための計算方法。減価償却の対象となる資産には、その種類に応じて耐用年数が定められており、耐用年数の期間中は、毎期ごとに減価償却をする必要がある。 定額法とは、毎期に一定額を償却する方法をいう。定率法とは、毎期の償却残高に対して一定率を掛けた額を償却する方法をいう。なお、定率法の方が、早い時期に多くを償却できることになる。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典の解説

定額法・定率法

定額法とは時間がたつに連れて、一定の額ずつ減価させていく方法です。減価償却費=(取得減価-残存価額)/耐用年数定率法とは時間が経つに連れて、一定の割合で減価していく方法です。減価償却費=未償却残高/償却率

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定額法・定率法の関連キーワード耐用年数定額法減価償却費償却特定資産費用配分の原則原価基準減価償却方法減価償却費の割増計上

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone