コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定額法・定率法 ていがくほう・ていりつほう

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

定額法・定率法

長期にわたって使用される資産を減価償却するための計算方法。減価償却の対象となる資産には、その種類に応じて耐用年数が定められており、耐用年数の期間中は、毎期ごとに減価償却をする必要がある。 定額法とは、毎期に一定額を償却する方法をいう。定率法とは、毎期の償却残高に対して一定率を掛けた額を償却する方法をいう。なお、定率法の方が、早い時期に多くを償却できることになる。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

会計用語キーワード辞典の解説

定額法・定率法

定額法とは時間がたつに連れて、一定の額ずつ減価させていく方法です。減価償却費=(取得減価-残存価額)/耐用年数定率法とは時間が経つに連れて、一定の割合で減価していく方法です。減価償却費=未償却残高/償却率

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

定額法・定率法の関連キーワード減価償却方法

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android