宝木塚のお花(読み)ほうきづかの おはな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宝木塚のお花 ほうきづかの-おはな

?-? 江戸時代中期の女性。
将軍家の鷹場だった本田宝木塚(東京都葛飾区お花茶屋付近)で休み茶屋をいとなむ新左衛門の娘。鷹狩り中に腹痛をおこした8代将軍徳川吉宗を手あつく看病した。以来,将軍は鷹狩りのたびにこの茶屋により,「お花茶屋」の名をあたえたという。家光説もある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android