宝\貨さかって入る時はさかって出る(読み)たからさかっているときはさかってでる

精選版 日本国語大辞典の解説

たから【宝・貨】 さかって入(い)る=時(とき)[=者(もの)]はさかって出(で)

(「礼記‐大学」の「是故言悖而出者、亦悖而入、貨悖而入者、亦悖而出」によることば) 不正な方法や無理な手段で手に入れた財宝は、身につかずに、すぐ出ていってしまう。悪銭身につかず。
※子孫鑑(1667か)上「又たからさかって入時は、たから又さかって出(イヅ)る也。かねて正道ぞかし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android