コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正道 ショウドウ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐どう〔シヤウダウ〕【正道】

[名・形動]
道義的に正しい道。せいどう。
すなおで正しいこと。また、そのさま。「正道潔白」
「えこひいきなしに―に申さうなら」〈伎・毛抜

せい‐どう〔‐ダウ〕【正道】

正しい道理。正しい道。また、正しい行為。「正道を歩む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうどう【正道】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
せいどう(正道) 」に同じ。 「男だてといふものは、第一、-を守り不義をせず/歌舞伎・助六」
正しいこと。素直なこと。また、そのさま。 「えこひいきなしに、-に申さうなら/歌舞伎・毛抜」

せいどう【正道】

人間としての道理にかなった正しい道。道理にかなった正しいやり方。 ↔ 邪道 「 -を歩む」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

正道の関連キーワード心の欲する所に従えども矩を踰えず京都府城陽市寺田正道ぼくのじしんえにっき行くに径に由らず踏み外す・踏外す暁民共産党事件鬼神に横道なし大自在王菩薩大河内正路渡辺 稟三直路・直道三十七道品でんぐりんえこひいき孝道教団村上幸央西尾末広八正道尉繚子歌舞伎

正道の関連情報