実手形(読み)じつてがた

精選版 日本国語大辞典の解説

じつ‐てがた【実手形】

〘名〙 実際に行なわれた売買その他の取引に基づいて振り出された約束手形または為替手形。融通手形。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の実手形の言及

【商業手形】より

…売買等,現実に成立した商取引に起因して振り出された手形。商取引が介在しないにもかかわらず金融だけの目的で振り出された融通手形と区別され,実手形,真正手形ともいわれる。これとは別に商人の振り出した手形を指す場合もあり,製造業者が振り出す工業手形,農民が振り出す農業手形と対比される。…

※「実手形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android