実気(読み)じっき

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ほんとうの気持。心からの誠意。親切心。
※浄瑠璃・夏祭浪花鑑(1745)八「徳兵衛が実気(じッき)をも聞て」
② 気が満ちること。気を満たすこと。また、その満ちた気。
※暦象新書(1798‐1802)中「実気疎密の異なるなり。其質密屈なるものは、実気加倍すれば重量も加倍し、実気折半すれば重量も折半す」 〔国語‐周語中〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android