誠意(読み)せいい

精選版 日本国語大辞典「誠意」の解説

せい‐い【誠意】

〘名〙 私利私欲やよこしまな考えを捨て、相手の立場をくみとって正直な態度で接する心。まごころ。
※権記‐長保二年(1000)正月二六日「忠直之誠意銘心肝、況面奉綸旨于再三、彌励愚昧何怠倦
※大学垂加先生講義(1679)「只覚悟のあしき人ぢゃの、気立のあしいのと云は、誠意正心の場のこと也」 〔宋史‐楽志八〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「誠意」の解説

せい‐い【誠意】

私利・私欲を離れて、正直に熱心に事にあたる心。まごころ。「誠意のこもった贈り物」「誠意を示す」「誠心誠意

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android