実行ファイル(読み)ジッコウファイル

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

実行ファイル

コンピューターそのまま実行できるプログラムのこと。コンピューターには、CPUが解釈できるプログラムと、プログラムが解釈できるデータがある。プログラムとデータをファイルとして保存したとき、そのまま実行できるファイルを実行ファイルという。主に機械語にコンパイルされたプログラムのことで、Windowsの場合、拡張子が「.exe」になる。バッチファイルのことを指す場合もある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

実行ファイル

ファイルの内容がプログラムで、さらに、そのファイルを開けば中のプログラムを実行できるものです。他のプログラムから呼び出されて初めて動作するDLLや、プログラムの実行自体は別のソフトが行うマクロ言語、スクリプトなどとは違います。
ウィンドウズの実行ファイルには、拡張子が「exe」の「エグゼファイル」と、「com」の「コムファイル」という2種類があります。エグゼファイルが主流で、「エグゼ」は「実行する」を意味する「executive(エグゼクティブ)」の略称です。単体で動作するコムファイルは非常に小さなプログラムで、「コム」は「command(コマンド)」の略称です。
⇨DLL、コマンド、スクリプト、
プログラム、マクロ

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

じっこう‐ファイル〔ジツカウ‐〕【実行ファイル】

executable file》コンピューターが直接実行できるバイナリーファイル。主に機械語で書かれたプログラムであり、ウインドウズの場合はエグゼファイルとよばれ、拡張子にexeが使われる。実行形式ファイル実行可能ファイル実行可能コード

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例