客分(読み)きゃくぶん

精選版 日本国語大辞典「客分」の解説

きゃく‐ぶん【客分】

〘名〙
① まったくの家臣や雇いなどでもなく、家族でもない人を、身分として扱うこと。また、その扱いの人。
浄瑠璃吉野忠信(1697頃)二「うはべ斗を客ぶんにてとどめ申せし(はか)りこと」
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉下「今こそ恁(かう)して聟の家の客分(キャクブン)になって何不足無く暮してゐるのも」
内祝言だけはしたものの、年が若かったり、年回りが悪かったりという理由で、表むきは客としておく嫁。客。
※雑俳・柳多留‐初(1765)「客分といはるる女立のまま」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「客分」の解説

きゃく‐ぶん【客分】

客として扱うこと。また、その扱いを受ける人。「客分としての待遇

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android