客足(読み)きゃくあし

精選版 日本国語大辞典 「客足」の意味・読み・例文・類語

きゃく‐あし【客足】

〘名〙 商店興行場などに客が来ること。客の集まりぐあい。客の数の程度。
人情本風俗粋好伝(1825)後「客脚(キャクアシ)の、繁きが中に交りて」
美しい村(1963)〈立原正秋〉一「冬にはいると客足は途絶えた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「客足」の意味・読み・例文・類語

きゃく‐あし【客足】

商店や興行場などに客が集まること。また、その度合い。「客足が遠のく」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android