コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美しい村 うつくしいむら

世界大百科事典 第2版の解説

うつくしいむら【美しい村】

堀辰雄中編小説。1933年(昭和8)から34年にかけて《大阪朝日新聞》《改造》《文芸春秋》《週刊朝日》に分載。34年,野田書房刊。〈序曲〉〈美しい村(或は小遁走曲)〉〈夏〉〈暗い道〉の4章より成る。初夏から盛夏にかけてのある高原の避暑地を背景に,失恋によって傷ついた心を抱く青年作家〈私〉が,美しい自然に囲まれた村での生活や新しい恋人の出現などによって,しだいに生きる勇気をもつに至る過程を描いた作品で,周囲のものごとの推移やそれらによってひき起こされる〈私〉の意識の微細な変化の有様を,プルーストに学んだ柔軟で清新な文体によって表現したところに特徴がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉の解説

うつくしいむら【美しい村】

堀辰雄の小説。昭和8年(1933)から昭和9年(1934)にかけて新聞や雑誌に発表した作品をとりまとめ、昭和9年(1934)に刊行軽井沢の自然を背景に、精神の危機から脱出していく小説家「私」の姿を描いた私小説風の作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

美しい村の関連キーワードホローケーの古村落とその周辺地区グロースグロックナーホローケーの復活祭最も美しい村運動アルプバッハ徳島県上勝町野田 誠三ワイラス谷バイブリー風立ちぬ堀 辰雄王滝村ホロケ無聊をば具象為に

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美しい村の関連情報