コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美しい村 うつくしいむら

1件 の用語解説(美しい村の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うつくしいむら【美しい村】

堀辰雄中編小説。1933年(昭和8)から34年にかけて《大阪朝日新聞》《改造》《文芸春秋》《週刊朝日》に分載。34年,野田書房刊。〈序曲〉〈美しい村(或は小遁走曲)〉〈夏〉〈暗い道〉の4章より成る。初夏から盛夏にかけてのある高原の避暑地を背景に,失恋によって傷ついた心を抱く青年作家〈私〉が,美しい自然に囲まれた村での生活や新しい恋人の出現などによって,しだいに生きる勇気をもつに至る過程を描いた作品で,周囲のものごとの推移やそれらによってひき起こされる〈私〉の意識の微細な変化の有様を,プルーストに学んだ柔軟で清新な文体によって表現したところに特徴がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

美しい村の関連キーワード葛巻義敏風立ちぬ四季春琴抄短編小説堀辰雄掌編小説中編小説中編サンドッグ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

美しい村の関連情報