コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宣胤卿記 のぶたねきょうき

世界大百科事典 第2版の解説

のぶたねきょうき【宣胤卿記】

室町中期の公家中御門(なかみかど)宣胤の日記。1480年(文明12)から1517年(永正14)に至る日次記(ひなみき)と,八朔贈答(はつさくぞうとう),渡(摂関家渡領)方南曹(勧学院)方(わたりかたなんそうかた),貢馬伝奏等引付などの写本が現存しているが,日次記は欠失部分が多い。異称は《愚記》《虫記》。宣胤は1488年(長享2)権大納言に昇り,公家社会の中枢に位置し,自身,書道・歌道に長じており,ために宮廷・公家の生活・文化に関する重要記事が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宣胤卿記の関連キーワード清水寺縁起絵巻中御門宣胤史料大成朝倉貞景中御門家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android