コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宣胤卿記 のぶたねきょうき

1件 の用語解説(宣胤卿記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

のぶたねきょうき【宣胤卿記】

室町中期の公家中御門(なかみかど)宣胤の日記。1480年(文明12)から1517年(永正14)に至る日次記(ひなみき)と,八朔贈答(はつさくぞうとう),渡(摂関家渡領)方南曹(勧学院)方(わたりかたなんそうかた),貢馬伝奏等引付などの写本が現存しているが,日次記は欠失部分が多い。異称は《愚記》《虫記》。宣胤は1488年(長享2)権大納言に昇り,公家社会の中枢に位置し,自身,書道・歌道に長じており,ために宮廷・公家の生活・文化に関する重要記事が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宣胤卿記の関連キーワード中御門宗条中御門宗顕中御門宣誠中御門宗徳中御門資熙中御門経定中御門中御門経隆中御門俊輔中御門宣俊

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone