勧学院(読み)かんがくいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勧学院
かんがくいん

南曹,氏院ともいう。藤原氏子弟の学問所。弘仁 12 (821) 年,藤原冬嗣によって創設された。藤原氏出身の大学寮学生を教育するのが目的で,ここに寄宿させ,学資を給与した。大学寮の管轄は受けず,藤原氏の氏長者 (うじのちょうじゃ) の所管であった。また藤原氏の氏寺,氏社の事務も取扱い,おもな職員として氏長者の下に別当 (公卿別当,弁別当,有官別当,無官別当) ,知院事,安主,学頭などがあった。藤原氏の全盛時には栄えたが,平安末期に焼失してから次第に衰えた。また,藤原氏の勧学院にならって,諸寺院でも僧侶の学問奨励のために勧学院が設けられた。これは鎌倉時代にも設立された例がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

勧学院【かんがくいん】

氏院(うじのいん),南曹(なんそう)とも。821年藤原冬嗣(ふゆつぐ)が藤原氏一族のためにたてた教育施設で,やがて大学寮の付属施設として公認,大学別曹(べっそう)となった。藤原氏の氏長者(うじのちょうじゃ)の所管で,藤原氏出身の学生(がくしょう)はここに起居して学んだ。同時に藤原氏の氏寺・氏社たる興福寺春日大社を管轄した。平安末期からしだいに衰亡し,鎌倉末期に有名無実となったらしい。
→関連項目狩野光信奨学院

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんがくいん【勧学院】

平安時代に設けられた藤原氏出身の学生のための教育施設。821年(弘仁12)に,右大臣藤原冬嗣が一族子弟の大学生のための寄宿舎として建てたもので,やがて大学寮の付属施設として公認され,大学別曹となった。左京三条一坊にあり,大学寮の南に当たるので南曹とも称し,また氏院(うじのいん)ともいわれた。藤原氏出身の大学生は勧学院で宿舎・学資・書物などの便宜を与えられ,大学に通って勉学したのである。勧学院は藤原氏の勢力に支えられて諸氏の類似の施設である大学別曹の中で抜群の隆盛を誇り,興福寺・春日神社などの氏寺・氏社関係の事務をも管掌した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんがくいん【勧学院】

藤原氏の大学別曹べつそう。821年、藤原冬嗣が一門の子弟のために創設した教育施設。氏うじの院。南曹なんそう
平安時代以後、大寺院の設けた教学研修のための機関。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勧学院
かんがくいん

平安時代、藤原氏のための大学別曹(べっそう)。藤原冬嗣(ふゆつぐ)が821年(弘仁12)大学寮の南方、弘文(こうぶん)院の南、左京三条一坊に創設。南曹とも氏院(うじのいん)ともいわれた。藤原氏出身の学生(がくしょう)を寄宿させ、学資を与え、学問を励ますためのもので、学生は曹司(ぞうし)に起居して、大学に学び、課試を受けた。当初、冬嗣が食封(じきふ)1000戸を寄付して維持費にあて、その後、藤原氏出身の大臣らが食封を寄進したりしたが、寄進荘園(しょうえん)をその財源とすることになる。大学寮の管轄を受けず、藤原氏の氏長者(うじのちょうじゃ)が所管した。別当、学頭、知院事(ちいんじ)、案主(あんじゅ)などの職員があり、別当が学生の出世に尽力したので、学生には有利な条件が多くあった。のちに藤原氏の氏寺、氏社の事務をも取り扱うようになり、氏長者の事務を行う政所(まんどころ)も置かれるようになる。藤原氏の政治勢力によって、諸氏大学別曹のなかでもっとも栄えたが、鎌倉時代には衰えた。しかし、機構は室町時代まで続いた。[大塚徳郎]
『桃裕行著『上代学制の研究』(1947・目黒書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かんがく‐いん クヮンガクヰン【勧学院】

[1] 平安京左京三条の北側にあった藤原氏の教育機関。大学寮別曹(べっそう)の一つ。弘仁一二年(八二一)藤原冬嗣が創設。藤原氏長者の所管で、藤原氏とともに繁栄し、一門の子弟の官界進出に寄与した。興福寺や春日大社の管轄も行なった。南曹。氏院(うじのいん)
[2] 〘名〙 鎌倉時代以後、諸大寺で、堂舎を建てて宗学を教授したところ。最古は弘安四年(一二八一)創建の高野山の勧学院。勧学講院ともいう。
御伽草子・勧学院物語(室町時代物語大成所収)(江戸初)上「それ、みのの国、ひらの、くゎんがくゐんと申は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の勧学院の言及

【園城寺】より

…大師をまつる唐院は1599年に大師堂,灌頂堂などが完成している。これに接する勧学院は一山の学頭の役宅で,北政所が毛利輝元を奉行として1600年に復興した。3列8室の大型の客殿(国宝)があり,南面車寄は軒唐破風(からはふ)を設け,これに続けて横連子(れんじ)窓や両折戸をもつ中門を突き出している。…

【大学別曹】より

…大学寮の南に近接して設けられたものは,大学寮南曹とも呼ばれた。大学別曹には,和気氏の弘文院,藤原氏の勧学院,橘氏の学館院,源氏など王氏の奨学院がある。別当,知院事などの職員が置かれ,いずれも各氏族の財源によって運営された。…

【長者宣】より

…藤氏長者は平安中期以降,摂政ないし関白がこれを兼ねる。また藤原氏の子弟教育の施設として勧学院があり,勧学院は氏寺・氏社のことも管轄した。したがって氏寺・氏社に関する氏長者の命は,勧学院政所下文をもって下すのが例であったが,のち補任等については宣旨形式の藤氏長者宣,その他については奉書形式の藤氏長者宣を用いるようになった。…

※「勧学院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android