宮園浩平(読み)みやぞの こうへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮園浩平 みやぞの-こうへい

1956- 昭和後期-平成時代の医学者。
昭和31年生まれ。スウェーデン・ウプサラ大学ルートヴィヒ癌研究所留学をへて,平成7年癌研究会癌研究所生化学部部長。12年「ペプチドの一種であるTGF-βの新しい作用機構の発見」で高松宮妃癌研究基金学術賞。同年東大教授。21年紫綬褒章。23年「がん細胞における細胞シグナルとその制御機構に関する研究」で学士院賞。佐賀県出身。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮園浩平の関連情報