宮地正人(読み)みやち まさと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮地正人 みやち-まさと

1944- 昭和後期-平成時代の日本史学者。
昭和19年1月17日生まれ。昭和48年東大史料編纂(へんさん)所にはいり,平成元年教授,7年所長となる。13年国立歴史民俗博物館館長。専攻は幕末維新史。福岡県出身。東大卒。著作に「天皇制の政治史的研究」「国際政治下の近代日本」「幕末維新期の文化と情報」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮地正人の関連情報