コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮城 謙一 ミヤギ ケンイチ

20世紀日本人名事典の解説

宮城 謙一
ミヤギ ケンイチ

昭和期の歌人 元・明治大学教授。



生年
明治42(1909)年6月19日

没年
昭和42(1967)年2月9日

出生地
東京・麻布

学歴〔年〕
早稲田大学国文科卒

主な受賞名〔年〕
渡辺順三賞(第1回)〔昭和55年〕

経歴
毎日新聞記者を経て、明大教授。短歌は昭和4年新短歌詩「赤道創刊。21年「新日本歌人協会」創刊とともに参加し、のち常任幹事・選者となる。28年「短詩形文学」を創刊。歌集に「みち来る潮の」「冬の日」「春の雪」など。没後「宮城謙一全歌集」が刊行された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

宮城 謙一の関連キーワード雄勝石

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android