宮崎手漉和紙(読み)みやざきてすきわし

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

宮崎手漉和紙[紙工芸・和紙]
みやざきてすきわし

九州・沖縄地方、宮崎県の地域ブランド。
日向市で製作されている。和紙の原料となる楮・三椏を産する宮崎県では、古く平安時代から和紙がつくられていたという。江戸時代以降、その生産が奨励され、美々津の港から大阪方面に出荷されて、日向の紙としてその名が広まった。近年では、障子紙書道用紙などの実用品のほか手漉和紙独特の手ざわりや美しさを生かして、名刺や封筒・便箋・葉書などがつくられている。宮崎県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android