コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日向市 ひゅうが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日向〔市〕
ひゅうが

宮崎県北東部,日向灘に臨む市。 1951年市制。 1955年美々津町,2006年東郷町を編入。市の中央部を塩見川が東流し,下流の沖積地に市街地が開ける。西部はほとんどが山林で,耳川が北西から南東へ流れる。室町時代,日向国地頭伊東氏,のち島津氏が支配し,延岡藩領を経て,江戸時代の元禄5 (1692) 年以後は天領となり,富高に日田代官の手代所が置かれた。東部の細島は古くから商港として栄え,宋,明との貿易船の寄港地でもあった。 1942年から埋め立てによる工業用地造成が行なわれ,1951年重要港湾に,1964年延岡市などとともに新産業都市に指定され,製糖,繊維,飼料,金属などの工場が立地した。伊勢ヶ浜では大ハマグリが採取され,その貝殻を利用した白碁石は特産。山間部では林業,シイタケの栽培が中心。市域中央部の坪谷に若山牧水の生家と記念館がある。細島の妙国寺庭園は国の名勝。耳川河口に近い美々津は神武天皇が東征の船出をしたという伝説が残り,古い港町の姿をとどめ,国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。耳川以北の海岸は大部分が日豊海岸国定公園に属する。 JR日豊本線と国道 10号線,327号線,446号線が走る。面積 336.93km2。人口 6万1761(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひゅうが‐し〔ひうが‐〕【日向市】

日向

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日向市の関連キーワード宮崎県日向市東郷町八重原迫野内宮崎県日向市東郷町山陰庚宮崎県日向市東郷町山陰甲宮崎県日向市東郷町山陰乙宮崎県日向市東郷町山陰丁宮崎県日向市東郷町山陰丙宮崎県日向市日知屋古田町宮崎県日向市財光寺往還町宮崎県日向市東郷町山陰戊宮崎県日向市東郷町山陰己宮崎県日向市東郷町下三ケ宮崎県日向市財光寺沖町宮崎県日向市東郷町山陰宮崎県日向市美々津町宮崎県日向市財光寺宮崎県日向市迎洋園宮崎県日向市船場町宮崎県日向市不動寺宮崎県日向市亀崎東宮崎県日向市向江町

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日向市の関連情報