コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮本信子 みやもと のぶこ

2件 の用語解説(宮本信子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮本信子 みやもと-のぶこ

1945- 昭和後期-平成時代の女優。
昭和20年3月27日生まれ。文学座研究生から劇団青芸,劇団青俳に参加。昭和44年伊丹十三と結婚。59年伊丹の監督第1作「お葬式」に主演し,2作目の「マルサの女」で63年キネマ旬報賞主演女優賞ほかを受賞。その後も「タンポポ」「ミンボーの女」など伊丹とのコンビで活動。北海道出身。愛知淑徳高卒。本名は池内信子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

宮本 信子


芸名
宮本 信子

性別
女性

生年月日
1945/03/27

星座
おひつじ座

干支
酉年

血液型
O

出身地
北海道

身長
157cm

デビュー年
1964

靴のサイズ
23cm

職種
タレント・俳優・女優

趣味・特技
小唄/ジャズダンス

プロフィール
1963年、文学座付属演劇研究所所属。1964年、劇団青芸在籍時に別役実作『三日月の影』で初舞台。1967年、劇団青俳で木村光一作演出『地の群れ』、今井正演出『神通川』に出演。1972年よりフリーになり、伊丹十三氏と結婚・出産後、二児の育児に専念。1984年、映画『お葬式』以降、全伊丹監督作品に出演。1988年『マルサの女』ではシカゴ国際映画祭最優秀主演女優賞、第11回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、キネマ旬報報道主演女優賞など同年の映画賞を多数受賞。日本を代表する女優となる。以降舞台・TVにも活動の場を広げ、2000年からはJAZZ LIVEの活動も始めている。10年振りの映画出演となった2007年映画『眉山』では、第31回日本アカデミー賞優秀助演賞を受賞。また同年、NHK連続テレビ小説どんど晴れ」』、舞台『眉山』にも出演。2009年、NHK『大河ドラマ天地人」』ではナレーションを担当。2011年「阪急電車 片道15分の奇跡」(東宝)では、第36回報知映画賞助演女優賞、第35回日本アカデミー賞優秀助演女優賞、第21回日本映画批評家大賞助演女優賞を受賞。2013年は、連続テレビ小説「あまちゃん」にヒロインの祖母役(NHK)で出演。現在、映画「かぐや姫の物語」(東宝)が公開中。

デビュー作
舞台『三日月の影』

代表作品
NHK『連続テレビ小説「あまちゃん」』(2013) / WOWOW連続ドラマW「私という運命について」』 / 映画『かぐや姫の物語』(2013)

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮本信子の関連キーワード宮本北海道釧路市宮本福島県二本松市宮本群馬県桐生市宮本町千葉県船橋市宮本静岡県沼津市宮本京都府宮津市宮本宮本町宮本尚一郎宮本水雲

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮本信子の関連情報