コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家族盟約 かぞくめいやくFamily Compact

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家族盟約
かぞくめいやく
Family Compact

19世紀前半のアッパーカナダの政界,特に行政評議会を牛耳っていた一群の人々。 1799~1805年アッパーカナダの副総督をつとめた P.ハンターの時代にその萌芽が生じたとされるが,スコットランド系の商人を中心とした保守派で,財力に恵まれその結果教育を受けた人々が副総督を中心に派閥を形成し,植民地要職を世襲的に握っていった。彼らに対抗する改革派は 19世紀初頭から存在したが,20年代以降特に強力になり,アッパーカナダの寡頭政を倒そうとする 37年の W.マッケンジーの反乱に結実する。「家族盟約」の語は,28年アッパーカナダ改革派の一人の私信のなかにみられるのが最初である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

家族盟約の関連キーワードマッケンジー(William Lyon Mackenzie)アッパー・カナダカナダ史

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android