コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萌芽 ホウガ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐が〔ハウ‐〕【×萌芽】

[名](スル)
草木の芽のもえ出ること。また、その芽。めばえ。
新しい物事が起こりはじめること。また、物事の起こるきざし。「自立心の萌芽

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

萌芽(ほうが)

北海道、大雪地ビール株式会社が製造する地ビール。「大雪地ビール」シリーズ。北海道産の小麦、ハルユタカを使用。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほうが【萌芽】

( 名 ) スル
芽を出すこと。芽ばえ。また、その芽。ぼうが。
物事がはじまること。きざすこと。また、そのもとになるもの。きざし。 「文明の-」 「悪の-を断つ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

萌芽の関連キーワードバイト・アルマール発散型樹枝状組織グレゴロビウスウバイド文化ロセッティガイヤルドハプニングナーシク寺日本渡航記萌芽的研究様相論理学エンブリオデュボアアダムズ人格主義自然神学青緑山水軟化栽培神仙山水両部神道

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

萌芽の関連情報