コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家跡 イエアト

デジタル大辞泉の解説

いえ‐あと〔いへ‐〕【家跡】

前に家が建っていた跡。やしき跡。
先祖から伝わる家の名。名跡(みょうせき)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いえあと【家跡】

家の建っていた跡。
先祖から伝わっている名字や称号。名跡みようせき。 「 -を継ぐ」

かせき【家跡】

その家の名跡みようせき。家督。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家跡の関連キーワード愛知県一宮市小信中島サンタテレサ修道院山口県防府市八王子井上因碩(11代)東大寺領横江荘遺跡東京都調布市野水愛媛県大洲市大洲河井継之助記念館富山県富山市栗山じょうべのま遺跡山陽道野磨駅家跡金子みすゞ記念館石川県金沢市長町岐阜県中津川市近藤悠三記念館中原中也記念館コロンブスの家大阪府堺市西区那須烏山(市)岡山県美作市

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家跡の関連情報