コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

容面 ヨウメイ

デジタル大辞泉の解説

よう‐めい【容面】

《「ようめん」または「ようみょう(容貌)」の音変化か》顔かたち。みめ。平安時代、主に知識人の男性が使った語。
「―、心、人にすぐれたらば」〈宇津保・俊蔭〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

容面の関連キーワードガルシニア・カンボジアソレノイド(気象)アイスランド文学アナウンサーシニフィアンペルシア文学スキンケア芸術記号論ジュネット堀河百首福利厚生工業教育作文教育臼田亜浪視学制度師範学校言語技術恣意性ムック相聞歌

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android