コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宿主・ベクター系 しゅくしゅ・ベクターけいhost-vector system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宿主・ベクター系
しゅくしゅ・ベクターけい
host-vector system

遺伝子操作実験において,目的とする DNA断片を細胞に導入するために連結する DNAをベクター,ベクターにより組み換え体が移入される細胞を宿主という。宿主とベクターの組み合わせを宿主・ベクター系といい,安全性が高く扱いやすいことが重要である。大腸菌 K12株 (Escherichia coli-K12) を宿主とする EK系,枯草菌マーバーグ 168株 (Bacillus subtilis Marburg 168) を宿主とする BS系,酵母 (Saccharomyces cerevisia) を宿主とする SC系が,日本の組み換え DNA実験指針で認定されている。また,サルの腎細胞と DNA腫瘍 (しゅよう) ウイルス SV40を用いた系,動物細胞とウイルスを組み合わせた系も開発されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android