コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寂地峡 ジャクチキョウ

デジタル大辞泉の解説

じゃくち‐きょう〔‐ケフ〕【寂地峡】

山口県東部、寂地山に源を発した(にしき)川の支流宇佐川最上流の寂地川が刻む峡谷。十八滝と呼ばれる長さ3.5キロメートルの犬戻(いぬもどし)峡と5か所の滝が連続して落下する長さ1キロメートルの竜ヶ岳峡の2峡谷からなる。西中国山地国定公園の一部。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寂地峡
じゃくちきょう

山口県東部、錦(にしき)川の支流宇佐川源流の寂地山地にある峡谷。岩国市錦(にしき)町内に属す。西中国山地国定公園の一部で、羅漢山(らかんざん)県立自然公園の中心をなす。犬戻(いぬもどし)峡の十八滝もよいが、とくに花崗(かこう)岩の岩壁斜面100メートルの間を7か所の滝が連続して落下する竜ヶ岳峡がよく知られる。駐車場やキャンプ場も整備され、夏の観光客が多い。錦川鉄道錦町駅からバスの便がある。[三浦 肇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

寂地峡の関連キーワード山口県岩国市錦町宇佐錦(旧町名)

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android