コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寂地山 じゃくちさん

6件 の用語解説(寂地山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寂地山
じゃくちさん

山口県北東部,島根県境にある冠山山地の一峰。標高 1337m。古生代の錦層群に属し,山頂は丸みをもつ。中腹以上にはアシウスギ,山頂一帯はブナの原生林で,南麓には寂地峡がある。西中国山地国定公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゃくち‐さん【寂地山】

山口県東部、島根県との境にある山。県最高峰で、標高1337メートル西中国山地の主峰。山頂付近はカタクリの群生地、また全山ブナの原生林で、寂地スギが混生している。寂地峡は渓谷美にすぐれる。西中国山地国定公園に属する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じゃくちさん【寂地山】

山口県北東部,広島・島根県境近くにある山。標高1337m。県の最高峰。山体は深く浸食されて,寂地峡や犬戻(いぬもどし)峡など滝の多い峡谷が発達し,西中国山地国定公園に含まれる景勝地である。スキー場のある東方の冠高原から広島県境の稜線をたどる登山コースがよく知られ,山頂部一帯のブナ林と寂地杉の景観は中国地方随一といわれる。【三浦 肇】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕寂地山(じゃくじさん)


寂地山(じゃくちさん)

〔山口県〕寂地山(じゃくちさん)


山口県北東部、島根・広島県境近くにある山。標高1337m。広島県側の冠山(かんむりやま)まで平坦(へいたん)な山頂が長く続く。西中国山地国定公園の中心で、ブナ・スギの原生林が壮大な景観をみせる。南側山麓(さんろく)に滝と奇岩で知られる寂地峡がある。「じゃくじさん」とも読む。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寂地山
じゃくちさん

山口県北東部、島根県境にある山。岩国市錦(にしき)町に属する。山口県内の最高峰で、標高1337メートル。山頂一帯はなだらかで、古くは寂地原(じゃくじばら)とよばれた。全山ブナの原生林であり、寂地杉が混生し、中国地方随一の深山の景観をみせる。頂上付近にカタクリの群生地がある。広島県側の冠山(かんむりやま)とともに西中国山地の最高峰コースとして知られ、冠高原の松ノ木峠から県境沿いのルートと、犬戻(いぬもどし)峡の林道を利用する登山ルートがある。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寂地山の関連キーワード芸予諸島比婆山八幡高原吉海[町]島根〈町〉山口県宇部市島田万川〈町〉小瀬川冠山〈中国山地〉Santa Cruz(島)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone