コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅漢山 らかんざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羅漢山
らかんざん

広島県南西部の廿日市市山口県東部の岩国市との境にある山。標高 1109m。冠山山地の南部に位置し,安山岩からなる。山頂部の平坦面は冬季スキー場となり,小瀬川流域の羅漢峡谷には羅漢温泉があり,登山口になっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

らかん‐ざん【羅漢山】

山口県・広島県の県境にある山。山口県岩国市と広島県廿日市(はつかいち)市にまたがり、標高1109メートルの独立峰。山頂は平坦で、北に西中国山地を南に瀬戸内海を望むことができ、晴れた日には四国山地まで見渡せる景観のよさを誇る。中腹は牧場・スキー場・キャンプ場になっている。北方寂地(じゃくち)峡が位置する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

らかんざん【羅漢山】

山口県玖珂(くが)郡町,本郷村,美和町と広島県佐伯郡佐伯町との境にある山。標高1109m。蛇紋岩からなるなだらかな山容で,古くから中国山地中の行楽登山地として登山路も整備され,山頂からは瀬戸内の島々まで望まれる。南側中腹斜面は高原牧場やスキー場となり,羅漢山ハイランドロッジやキャンプ場もある。青少年旅行村に指定。山口県側から山頂北側の生山(なまやま)峠を広島県側に越えると,北東麓の木野川のほとりに羅漢温泉がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羅漢山
らかんざん

山口・広島県境にある山。標高1109メートル。山口県岩国市と広島県廿日市(はつかいち)市にまたがる。蛇紋岩からなるなだらかな地形を示す山頂からは、北に西中国山地、南にはるか瀬戸内海を望む山口県随一の景観で、羅漢山県立自然公園に指定され、中腹には、らかん高原放牧場、スキー場、ハイランドロッジ、キャンプ場施設も整備され、青少年旅行村にも指定されている。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

羅漢山の関連キーワード広島県山県郡安芸太田町横川05年の台風14号災害羅漢山県立自然公園西中国山地国定公園本郷(山口県)恐羅漢スキー場安芸太田(町)佐伯(広島県)美和[町]佐伯[町]安芸太田町本郷[村]中国地方恐羅漢山戸河内天覧山寂地峡美和

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android