コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄宿手当 キシュクテアテ

1件 の用語解説(寄宿手当の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きしゅく‐てあて【寄宿手当】

雇用保険法に規定される求職者給付の一。雇用保険被保険者が失業した際、公共職業安定所長の指示した公共職業訓練等を受けるため、その者が生計を維持している同居の家族・親族等と別居して寄宿する必要がある場合に、基本手当に加算して支給される。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の寄宿手当の言及

【雇用保険】より

…他の3種類の被保険者には,それぞれ高年齢求職者給付金(被保険者期間に応じて50日分~150日分の範囲で支給される一時金),特例一時金,日雇労働求職者給付金が支給される。そのほか技能習得手当,寄宿手当,傷病手当の制度がある。新設の高年齢雇用継続給付は,60歳以上65歳未満の被保険者で60歳時に比べ賃金が85%未満に低下した被保険者期間5年以上の者を対象とし,賃金低下率に応じ現在賃金の最高25%相当額(上限額あり)までの賃金補助を65歳到達まで行う。…

※「寄宿手当」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone