コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同居 ドウキョ

デジタル大辞泉の解説

どう‐きょ【同居】

[名](スル)
家族が一つの家で一緒に生活すること。「三世代が同居している家族」⇔別居
家族以外の人が同じ家に住むこと。「伯父の家に同居する」
本来あるはずでないものがともに存在すること。「常に危険と同居している都会生活」

どう‐ご【同居】

仏語。居を同じくすること。凡夫聖者も共に住むこと。また、その国土。浄・穢(え)の二土があり、西方極楽は同居の浄土娑婆(しゃば)世界は同居の穢土とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうきょ【同居】

( 名 ) スル
一つの家に二人以上の人が一緒に住むこと。 ↔ 別居 「三世代が-する」
ある家族の家にその家族以外の者が住むこと。 「兄夫婦の家に-させてもらう」
異質のもの、共存しがたいようなものがともにあること。 「危険と-した状態」

どうご【同居】

〔「ご」は呉音〕
〘仏〙 聖者も凡夫もともに住むこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の同居の言及

【家族法】より

…祖先から子孫にわたって一つの無形の生命が拡大し末広がりに繁殖し続けることを根源的な価値と見て,個人をその一節として位置づけるのが,中国における家族主義の基本観念であった。
[同居共財]
 家計を共にする生活を〈同居共財〉またはたんに〈同居〉といった。それは高度に法的な関係であり,日本の〈いえ〉の生活が当主と家族との間の多分に情誼に基づく不定量的な庇護と献身の関係であったのと異なる。…

【相続】より

…まず〈家〉は広義では〈宗〉と同じで,〈宗譜〉(一族の系図)を〈家譜〉という類である。狭義では法上の用語としても用いられる〈同居〉〈共財〉〈同居共財〉〈同爨(どうさん)〉の語が示すような家計を共にする生活共同体である。かような家を法上〈戸〉ともいい〈戸籍〉を編成するが,家と戸とは必ずしも一致しない。…

※「同居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

同居の関連キーワード裁判員になれない人、辞退が認められる人ドライブ[drive]ノイジールームメートシェアハウスの恋人パラサイトシングルオープンオフィスマスオさん現象親子リレー返済老人扶養控除身を寄せるらかん駅長2世帯住宅マスオさんねひめ駅長遠距離結婚親族相盗雑居ビル拡大家族同居義務直系家族

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同居の関連情報