同居(読み)ドウキョ

デジタル大辞泉の解説

どう‐きょ【同居】

[名](スル)
家族が一つの家で一緒に生活すること。「三世代が同居している家族」⇔別居
家族以外の人が同じ家に住むこと。「伯父の家に同居する」
本来あるはずでないものがともに存在すること。「常に危険と同居している都会生活」

どう‐ご【同居】

仏語。居を同じくすること。凡夫聖者も共に住むこと。また、その国土。浄・穢(え)の二土があり、西方極楽は同居の浄土娑婆(しゃば)世界は同居の穢土とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうきょ【同居】

( 名 ) スル
一つの家に二人以上の人が一緒に住むこと。 ⇔ 別居 「三世代が-する」
ある家族の家にその家族以外の者が住むこと。 「兄夫婦の家に-させてもらう」
異質のもの、共存しがたいようなものがともにあること。 「危険と-した状態」

どうご【同居】

〔「ご」は呉音〕
〘仏〙 聖者も凡夫もともに住むこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どう‐きょ【同居】

〘名〙
① 一つの家族または血縁・縁者がいっしょに住むこと。「三世代同居の家」
※令義解(718)田「凡因王事落外蕃還。有親属同居者。其身分之地。十年乃追」 〔易経‐睽卦〕
② 同じ家族、血縁、縁者でない人や動物などといっしょに住むこと。
※中華若木詩抄(1520頃)下「巣居処とて、人皆巣つくり、穴をほりて、禽獣と同居するぞ」
※錦木(1901)〈柳川春葉〉一五「桐谷の邸へは時も移さず片山の家族が同居した」
③ (比喩的に) 異質のものが同じ所に存在すること。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉一〇「農学書類が女学雑誌と同居して居り」
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉四「君の内にさう云ふ暴君が同居(ドウキョ)してゐる感じだな」

どう‐ご【同居】

〘名〙 (「どうこ」とも。「こ」は「居」の呉音) 仏語。聖者も凡夫もともに住んでいること。
閑居友(1222頃)下「同居土ともいふめれば、同居の浄土ならんには、凡夫のむねとある所なれば、むまれん事かたかるまじきにや」
※地蔵菩薩霊験記(16C後)二「深山絶域の界古仙同居(ドウコ)の場なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の同居の言及

【家族法】より

…祖先から子孫にわたって一つの無形の生命が拡大し末広がりに繁殖し続けることを根源的な価値と見て,個人をその一節として位置づけるのが,中国における家族主義の基本観念であった。
[同居共財]
 家計を共にする生活を〈同居共財〉またはたんに〈同居〉といった。それは高度に法的な関係であり,日本の〈いえ〉の生活が当主と家族との間の多分に情誼に基づく不定量的な庇護と献身の関係であったのと異なる。…

【相続】より

…まず〈家〉は広義では〈宗〉と同じで,〈宗譜〉(一族の系図)を〈家譜〉という類である。狭義では法上の用語としても用いられる〈同居〉〈共財〉〈同居共財〉〈同爨(どうさん)〉の語が示すような家計を共にする生活共同体である。かような家を法上〈戸〉ともいい〈戸籍〉を編成するが,家と戸とは必ずしも一致しない。…

※「同居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同居の関連情報