寄越・遣(読み)よこす

精選版 日本国語大辞典の解説

よこ・す【寄越・遣】

〘他サ五(四)〙
① 先方からこちらに送ってくる。他から自分にくれる。おこす。
※漢書列伝竺桃抄(1458‐60)張周趙任申屠伝第一二「不趙王 をこさずと云心ぞ。坂東の人がよこせと云ぞ」
暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉一「十時過ぎに俥を迎へに寄越(ヨコ)したが、聴かないかい?」
② (動詞の連用形に「て」を添えた形に付いて) ある動作を、他からこちらにしむけて来る。
※洒落本・富賀川拝見(1782)辰見山楽内之段「何といってよこしたへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android