コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士写真フイルム[株] ふじしゃしんフイルム

2件 の用語解説(富士写真フイルム[株]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

富士写真フイルム[株]【ふじしゃしんフイルム】

カラーフィルム国内シェア70%のフィルムメーカー。1934年大日本セルロイド(現ダイセル化学工業)から独立。感光材料カメラ,光学機器,磁気テープ,液晶材料などを多角生産。
→関連項目シングルエイト富士ゼロックス[株]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふじしゃしんフイルム【富士写真フイルム[株]】

日本の写真フィルムの70%を占めるトップ・メーカーであり,磁気テープでも大手。本社,東京都港区。前身は大日本セルロイド(株)(現,ダイセル化学工業)である。大日本セルロイドは1920年フィルムベースの研究を開始。一方26年には東洋乾板(1919設立)に投資をし,乳剤の製造研究を推進。28年東京板橋にフィルム試験所をつくり研究を続け,33年に神奈川県南足柄に足柄工場の建設に着手した。34年工場の完成と同時に,大日本セルロイドの写真フィルム部門を継承して富士写真フイルム(株)が設立された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の富士写真フイルム[株]の言及

【コンピューター産業】より

…前者によるコンピューターに57年開発の武蔵野I号,後者に56年開発のETL・マークIII,57年完成のETL・マークIVがある。また,すでに技術の確立していた真空管を回路素子に使ったコンピューターに,富士写真フイルムの岡崎文次が56年に完成したFUJICがある。これは日本最初の実用機で,記憶装置に水銀の遅延回路を使い,二極管500本,その他の真空管1200本で回路が構成された。…

【写真フィルム】より

…さらに,1回の現像で原画と同じ画像(ポジ像)が得られるオートポジフィルム(直接反転フィルム)や,露光した後は加熱するだけで現像できる熱現像(乾式現像)タイプ(ジアゾタイプ)のフィルムもある。カラーフィルム【益田 隆夫】
[写真フィルム工業]
 写真フィルム生産には高度な技術力を要するうえに,巨額の設備投資が必要とされるため,日本では富士写真フイルムと小西六写真工業(現,コニカ)2社の寡占状態となっており,世界的に見てもアメリカのイーストマン・コダック社が世界市場の70%程度をおさえ,同社に日本の2社とドイツ,ベルギーの合弁のアグファ・ゲバルト社を入れると95%以上のシェアとなる。日本の生産量を見ると,白黒用が80%,カラー用が20%となっているが,これは,白黒用の中のX線用,工業用の生産量が多いためであり,一般写真用は全体の10%程度にすぎない。…

※「富士写真フイルム[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

富士写真フイルム[株]の関連キーワードフィルムスキャナーフィルムポジフィルムパンクロマチックフィルムロールフィルムフィルムノアール110フィルムキャストフィルム熱収縮性フィルムラミネートフィルム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone