コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気テープ じきてーぷ

デジタル大辞泉の解説

じき‐テープ【磁気テープ】

プラスチックテープの表面を磁性材料で被膜したもの。酸化鉄粉を塗布した通常のテープや、金属鉄粉を使用したメタルテープなどがある。電気信号を磁化の変化として記録する。録音・録画やコンピューターなどの記録媒体として用いる。MT(magnetic tape)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

磁気テープ【じきテープ】

ポリエステルテープに酸化鉄などの磁性体を塗布したもの。磁気ヘッドで磁性体を磁化し,情報の記録・再生を行う。(1)テープレコーダー用のものやビデオテープ用のもの。
→関連項目シーケンシャルアクセス端末装置TDK[株]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

IT用語がわかる辞典の解説

じきテープ【磁気テープ】

記憶媒体のひとつ。テープ状のフィルムに磁性体を塗布または被膜したものの総称。オーディオ用・ビデオ用として用いられる。またコンピューターの外部記憶装置としては単価あたりのデータ容量が大きいため、業務用サーバーのハードディスクバックアップなどに使われる。◇「磁気テープカセット」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じきテープ【磁気テープ magnetic tape】

磁気記録の媒体として用いられる,主としてポリエステルなどのテープに磁性体を塗布したもの。1898年デンマークのポールセンV.Poulsenが初めて磁気録音再生機を発明した際,使用した記録媒体の鋼線は直径0.2~0.3mmの炭素鋼線が用いられ,抗磁力(保磁力)も50Oe(エルステッド)と非常に低いものであった。1920年にドイツのフロイマーF.Pfleumerは紙やプラスチックをベースとした磁気テープを発明し,AEG社がこのテープを用いたテープレコーダーを商品化した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じきテープ【磁気テープ】

プラスチックなどのテープに、磁性材料を塗布して、電気信号を残留磁気の変化として記憶するもの。録音・録画用テープとするほか、コンピューターの記憶媒体などに用いる。 MT 。テープ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気テープ
じきテープ
magnetic (recording) tape

プラスチックのテープ (主としてポリエステル樹脂) 上に磁性粉を塗布したもの。電気信号を磁化の強弱に変えて記録する磁気記録の媒体として音声録音用,録画用,コンピュータの外部記憶装置用などに利用されている。寸法・性能には種々の規格があるが,外観上,1個の露出したリールに巻かれているオープンリール型,供給リールと巻取りリールが1組になってケースに収納されているカセット型,1個のリールにテープがエンドレスに巻かれ,ケースに収められているカートリッジ型に大別される。塗布されている磁性粉には主として酸化鉄 (ガンマ・ヘマタイト) γ-Fe2O3 の針状微粉末が使用されているが,その他,最近では酸化クロム CrO2 ,純鉄などの粉末も使われている。塗布厚は規格によってかなり異なるが,約 10μm 程度である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磁気テープ
じきてーぷ
magnetic tape

強磁性媒体を表面に付着したテープに電子情報を磁気的に記録するもので、大容量記録を電源を除いても低コストで安全に長期間保持できる。テープにはオーディオ用、ビデオ用とデータ/コンピュータ用のものがあり、前二者にはアナログ記録方式用とデジタル記録方式用のものがある。
 磁気テープの全厚数~数十マイクロメートルの9割以上を占めるベースフィルム(ポリエチレンテレフタレートなど)に、安価・普及型テープはガンマ酸化鉄(γ-Fe2O3)の磁性粉体を、ビデオテープはさらにこれにコバルトを含めたものを塗布したもので、高記録密度用のメタルテープはコバルト・ニッケルなどを蒸着したものである。粉体のバインダーやカートリッジには樹脂を用いている。テープの製法は、普通まず片面または両面に磁性媒体を付着したフィルムをつくり、これを幅3、4メートルに裁断してリールに巻き取る。さらに、使用目的に応じた幅で裁断して規格化されたプラスチック容器やリールに装着する。
 テープへの電子情報の書き込みは、軟磁性体にコイルを巻いた磁気ヘッドの微小ギャップをテープに近づけ、コイルの信号電流によってテープ面の磁性媒体を磁化する。こうして、情報はテープの膜面に微小磁石を並べたような形で、水平面(長手)方向に記録される。読み出しはテープに書き込まれた磁界をコイルの誘導電流として、または、磁気効果素子の抵抗変化として検知する。消去にはやや強い高周波の磁界を加え、微小磁石の並びを崩して元に戻す。
 音声のアナログ記録のテープレコーダー用としては、オープンリールの1/4インチ(約6ミリメートル)幅のもの、業務用には最大2インチ幅のマルチトラックレコーダーがあり、オーディオカセットや留守番電話機用などのマイクロカセットは3.8ミリメートル、デジタル音声記録には3/4インチのカセットテープ、業務用マルチトラック用には1/2インチのほか、8ミリメートル幅のテープがある。ビデオ用には初期のオープンリールの2インチ、続く1インチから統一型の1/2インチ幅が、ビデオカセットには家庭用のVHSの1/2インチ、8ミリメートル幅のテープのほか、業務用のU規格の3/4インチ、VX方式の1/2インチ幅が、コンピュータ用には2.1インチのオープンリールのほかにカセットの1/2・1/4インチ、8・3.8ミリメートル幅のものがある。
 磁気テープは1881年にデンマークのパウルセン(ポールセン)が開発した録音・再生装置テレグラフォンに用いたピアノ線が原型である。1927年にはオーストリアの科学者プロイメル(フロイマー)Fritz Pfleumer(1881―1945)が磁性粉粒子を紙テープに塗布した磁気テープを発明。1935年にはプラスチックテープ基板の録音・再生装置がマグネトフォンの名でドイツで開発・展示され、ヒットラーはこれを宣伝に利用。第二次世界大戦後、アメリカに持ち込まれ、磁気テープの生産が世界で活発化した。1962年にはオランダのフィリップス社はカートリッジ化したコンパクトカセットを発表。現在、バックアップ用などに記録の高密度化が進められている。[岩田倫典]
『小野京右・多川則男他著『記憶と記録――情報機械学のすすめ』(1995・オーム社) ▽貞重浩一著『情報記録のエレクトロニクス』(2001・コロナ社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の磁気テープの言及

【記憶装置】より


[磁気記憶装置]
 強磁性体の磁化特性を利用した記憶媒体を使った記憶装置を磁気記憶装置という。磁気記憶装置で使われる記憶媒体として,1950年代には磁気ドラムが使われたこともあるが,その後長期にわたって磁気ディスクや磁気テープが主流だった。磁気ディスクとしては,後述するハードディスク(固定ディスク)やフロッピーディスクなどがある。…

※「磁気テープ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

磁気テープの関連キーワードoffline systembyte per inchbit per inchユーティリティプログラムポリエステルフィルム磁気テープ記憶装置磁気テープドライブ日立マクセル[株]エンドレステープテープストリーマデータレコーダーオートリバースレコード間隔ブロック間隔磁気メディアTravan磁気記憶装置テープアウトストリーマーテープデッキ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

磁気テープの関連情報