富士勝山スズ竹工芸品(読み)ふじかつやますずたけこうげいひん

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

富士勝山スズ竹工芸品[竹工]
ふじかつやますずたけこうげいひん

北陸甲信越地方、山梨県の地域ブランド。
南都留郡富士河口湖町で製作されている。大正時代にづくりが盛んになった。富士山麓に自生しているスズ竹を使用。スズ竹は、しなやかで独特の香りが良い素材。細かい目で編んだ笊は、繊細ながらも丈夫。現在も伝統的な技術・技法でつくられる。山梨県郷土伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

富士勝山スズ竹工芸品

山梨県南都留郡富士河口湖町の勝山地区で生産される竹細工の工芸品。富士山に自生するスズ竹を原材料とする。製造の起源は江戸時代に遡るとされる。主な製品はザル。県の郷土伝統工芸品に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android