コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹細工 タケザイク

デジタル大辞泉の解説

たけ‐ざいく【竹細工】

竹を材料にして細工物を作ること。また、その細工物。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たけざいく【竹細工】

竹を用いて日常の容器や調度,また楽器や工芸美術品を作ることを総称していう。竹はアジア諸地域に豊富に産し,その材質は強く弾力に富み,また耐久力にも優れている。そのため古くから建築用材や日常の生活用具に用いられ,ことに中国,日本では各種の技法を発達させ,竹細工によって作られる品々も多彩である。
[竹細工の歴史]
 竹細工がとくに著しい発達をみたのは,竹の産出が多く種類も豊かであった中国の華南地方で,中国では黄帝の神話にもすでに笊籬(そうり)工の名が現れ,紙の発明まで中国の文書は竹簡を主要な材としていた(木簡)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たけざいく【竹細工】

竹を使って細工をすること。また、その細工物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹細工
たけざいく

竹細工とは、竹を横にひいたり、何本かに縦に割ったり、さらに細かく削ってひご(籤)としたもので、組んだり編んだりした竹製品のことをいう。わが国は良質の竹の産地に恵まれているため、原始のころから柔軟にして堅牢(けんろう)、かつ優雅な竹製品が、いろいろな生活用具として、あるいは武器、農具、漁具として発展してきた。17世紀には、籠(かご)編、籠結、笊(ざる)編とよばれる竹細工の専門職人(竹細工師)が生まれた。
 竹細工の特徴は、なんといってもその編組みにある。編み方の基本は三つ目と四つ目で、通常用いられている編み方だけでも、笊編、網代(あじろ)編、六つ目、石畳、麻の葉、縄編、蜘蛛(くも)巣、松葉、青海、鉄線、氷裂編、束編、千条編、編絣(かすり)など数十種類のものがあげられる。なお竹には、割れる・折れるという素材自身の宿命的な性質があるので、編組みの材料は、職人(作家)が自らよい竹を吟味して、切出しで薄く長く剥(は)いでつくっていく。竹細工の工具には、竹をひく弦(つる)掛け鋸(のこ)と、割るための竹割り鉈(なた)・小刀、削る切出し小刀・竹削り台、穴をあける鼠歯錐(ねずみはきり)・四つ目錐・三つ目錐などがある。
 竹材を、製品を構成する部分に分けてみると、タテ(底部・側面の骨になる材料)、ヘン(編み上げていく材料)、ヘリ(縁を巻き上げる材料)の3種になる。いずれも竹の外皮のほうをおもに薄く剥いで使用する。工芸作家などの場合は、その使用目的に従って、竹材を厳選して用いているが、地方の民具としての竹細工は、その土地に生産する竹材を利用し地域性のある、民族的な細工物がつくられている。
 おもな竹細工の産地と製品には、次のようなものがあげられる。岩手県二戸(にのへ)の根曲(ねまがり)竹細工(椅子(いす)・籠(かご)・行李(こうり))。群馬県高崎の竹皮細工(パン籠・盛(もり)器)。埼玉県川口の釣竿(つりざお)細工。神奈川県小田原の竹長さ計り。静岡県の駿河(するが)竹千筋細工。奈良県の茶杓(ちゃしゃく)、高山茶筅(ちゃせん)。愛媛県松山の「くやちゃら編」細工。大分県別府の、油抜きをした平ひごで編み上げた竹細工。[秋山光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竹細工の関連情報